鮎の宿 ラスト








鮎料理が名物だった旅館。
もう少しアクセスが便利で、もう少しお風呂が広ければ
もう少しお客さんが増えたかもしれない。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #17








旧館には、経営者の居室らしき場所もありました。
食器や食卓もそのまま残っています。
さて、そろそろ帰りますか。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #16








増築や改築を繰り返したような複雑な造り。
それほど規模は大きくないが、ちょっとした迷宮だ。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #15








昭和のままで時が止まった客室。
営業末期には使っていなかったようですが。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #14








一番奥にある旧館へ。
昭和時代のレトロ感が漂います。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #13








旅館の規模の割には小さく狭い浴場。
鮎料理が売りの旅館だから、風呂はそれほど重要じゃなかったのか。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #12








建物の造りは複雑で、木造部分も入り混じります。
増改築を繰り返した感じ。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #11








「TOKUBETUSHITU」特別室。
たしかに、部屋と畳の形が特別でした。
あとは普通。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #10








地味な客室。
畳は水を含んで腐っています。
湿気がすごいけど、なぜか障子はきれいなまま。



ランキング参加中です。


鮎の宿 #9








人為的に荒らされた形跡は少ないが、湿気にやられた感じの通路。
床には苔が生えています。



ランキング参加中です。


前のページ ← | 1/2PAGES | → 次のページ >>

このブログについて


ワタクシ 木村ジュン が探索したサビれた廃墟からサビれたB級スポットまで、 サビれたモノばかりのサビれたブログです。 時々、日常写真とか。

Twitter @JUNK555x
Instagram @junk555x

廃墟一覧





















































































































































































































































B級スポット一覧





CAUTION!!


当ブログは廃墟の探索を推奨するものではありません。 廃墟探索は非常に危険です。 当ブログの情報でいかなる不利益を被られても一切の責任を負いません。

廃墟の所在地等についてはお答えできません。 ご了承下さい。

※解体済みの物件は実名や通称で掲載しています。

※画像の無断使用はご遠慮ください。

連絡はこちら → MAIL

アーカイブ

コメント


リンク

MEDIA

POWERED BY


          
  • アクセスカウンター