首吊り旅館 #13








厨房。
食材もキレイに整頓されて残っています。



ランキング参加中です。


コメント
20日前ほどこの旅館を訪問しました。建て増し、建て増しで迷宮のような建物ですね。バリアフリーもどこ吹く風です。テレビも厨房もものすごく古い。これで00年代後半まで持ったと思えばなかなかの物件です。
目立った破壊もなく、残留物も豊富でなかなかの廃墟ですね。
  • 黒舛添
  • 2016/12/18 11:13 AM

黒舛添さん
コメントありがとうございます。
この廃虚は、その古さの割にあまり荒らされていません。
写真も撮り甲斐がありました。
もう少し朽ち果てたら、また行ってみたい廃墟です。
  • JUNK5:55
  • 2016/12/19 8:26 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

このブログについて


ワタクシ JUNK5:55 が探索したサビれた廃墟からサビれたB級スポットまで、 サビれたモノばかりのサビれたブログです。 時々、日常写真とか。

Twitter @JUNK555x
Instagram @junk555x
雑記ブログ サビれた雑記ブログ

廃墟一覧





















































































































































































































B級スポット一覧





CAUTION!!


当ブログは廃墟の探索を推奨するものではありません。 廃墟探索は非常に危険です。 当ブログの情報でいかなる不利益を被られても一切の責任を負いません。

廃墟の所在地等についてはお答えできません。 ご了承下さい。

※解体済みの物件は実名や通称で掲載しています。

※画像の無断使用はご遠慮ください。

連絡はこちら → MAIL

アーカイブ

コメント


リンク

MEDIA

POWERED


          
  • ブログパーツUL5